レンタルサーバーを引越しする方法

レンタルサーバーの引越しは、なんだかとても面倒くさいイメージがありますよね。

条件によっては確かに手順が複雑になったりしますが、一つ一つの作業はそんなに難しいものではないので、レンタルサーバーやドメイン管理会社のマニュアルなどをよく確認すれば大丈夫です。

レンタルサーバーと独自ドメインの管理が別々の業者の場合

レンタルサーバーと独自ドメインを別々の業者で管理している場合は、レンタルサーバーの引越しはとても簡単です。
作業手順の概要は以下の記事をご参照ください。
レンタルサーバーの変更について

レンタルサーバーとドメインを同じ業者で管理している場合

レンタルサーバーの会社でドメインも同時に管理している場合は、契約の内容によって引越しの手順が異なります。

場合によっては、「ドメイン移管」という手続きが必要になります。

レンタルサーバーと同じ業者でドメインを管理している場合でも、サーバーとドメインの契約が別々であれば、ドメインの契約は残してサーバーだけ引越しするということが可能ですので、上記の記事をご参照ください。

ドメインの管理はそのままで、サーバーだけ引越しをしたいという場合はいいのですが、以下の場合はドメイン移管(レジストラ移管)という手続きが必要になります。

1.ドメインの管理も別の会社に変更(引越し)したいという場合
2.レンタルサーバーとドメインがセットの契約になっていて、サーバーを解約したらドメインも解約しなければならないという場合

要するに、ドメインの管理会社を変更する手続きが必要になります。

ドメインの管理会社を引越しするには、新しいドメイン管理会社にてドメイン移管(レジストラ移管)の申請をします。

ドメインの移管が承認されたら、DNSサーバーの設定を新しいレンタルサーバーに対応させます。

Copyright© 2013 おすすめ レンタルサーバーの選び方 All Rights Reserved.