レンタルサーバーの転送量とは?

レンタルサーバーの機能や性能を見ていると、「転送量」という言葉をよく見かけると思います。

転送量、なんとなく多い方が良さそうな感じですが、レンタルサーバーの転送量とは正確には何を表す数値なのかご存じない方や誤解されている方も多いかと思いますので、詳しくご説明します。

 

レンタルサーバーにおける転送量とは、サイトにアクセスがあった場合に流れるデータの量になります。

簡単にいうと、ウェブサイト(ホームページ)にアクセスがあった場合、そこに書かれている文字や画像、動画などをアクセス元(閲覧者)のパソコンに送るわけですが、その時に送られるデータの大きさを表す数値になります。

 

サーバーにアップロードできるデータの大きさは、「ディスク容量」になりますのでお間違えなく。

 

例えば、テキストベースのページで1ページあたり100KBの転送量だとすると、一日に1000アクセスあった場合、

100KB × 1000 = 100000KB = 100MB

一ヶ月だと、

100MB × 30 = 3000MB = 3GB

となります。

 

転送量の目安を公開しているレンタルサーバーで、非常に余裕のあるレンタルサーバーは、エックスサーバーさくらのレンタルサーバです。

 

「エックスサーバー」の転送量の目安

エックスサーバーの転送量の目安は、


X10プラン ⇒ 50GB/日(月1,500GB)
X20プラン ⇒ 70GB/日(月2,100GB)
X30プラン ⇒ 80GB/日(月2,400GB)

となっており、一日単位での転送量上限の目安が開示されています。

また、転送量を超えてしまった場合でも課金などはありませんが、恒常的に転送量目安を上回る場合は上位プランへの変更をお願いする場合や速度制限がかかる場合があるとのこと。

 

「さくらのレンタルサーバ」の転送量の目安

さくらのレンタルサーバの転送量の目安は、


ライトプラン ⇒ 40GB/日(月1,200GB)
スタンダードプラン ⇒ 80GB/日(月2,400GB)
プレミアムプラン ⇒ 80GB/日(月2,400GB)

となっており、こちらも日ごとの転送量目安になっています。

さくらのレンタルサーバーについても、転送量を上回った場合の課金などはありませんが、目安を大きく上回ったり短時間で急激な転送量増加などがあった場合、「503 Service Temporarily Unavailable」などのエラーが表示されるとのこと。

 

上記の転送量の計算をみても分かるように、エックスサーバーやさくらのレンタルサーバなど転送量に余裕のあるレンタルサーバーであれば、一般的なサイト運営で困ることはまずないでしょう。

 

レンタルサーバーを選ぶ際、転送量の目安はキチンと開示されているレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

転送量の目安を開示していない安価なサービスなどでは、少しアクセスが増えただけですぐにエラーになってしまうなどのトラブルがある場合がありますし、安心してサイト運営ができません。

 

また、「転送量無制限」を謳った安価なサービスも気を付けた方がよさそうです。

転送量無制限といっても、転送量による課金がないというだけで、実際には速度制限や一定の転送量を超えたらエラーになるといったサービスがありますので、注意が必要です。

 

やはり、転送量の目安はしっかりと開示しているレンタルサーバーが安心ですね。

上記でご紹介したエックスサーバーさくらのレンタルサーバは、しっかりと転送量を開示しており、なおかつ転送量の数値にも非常に余裕がありますので、大変おすすめのレンタルサーバーとなります。

 

エックスサーバーの公式サイトはこちら ⇒ エックスサーバー

さくらのレンタルサーバの公式サイトはこちら ⇒ さくらのレンタルサーバ

 

Copyright© 2013 おすすめ レンタルサーバーの選び方 All Rights Reserved.