レンタルサーバー 無料と有料の違い

レンタルサーバーには、無料のサービスと有料のサービスが存在します。

無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーの違いは、なんなのか、ご紹介します。

 

広告表示の有無

無料のレンタルサーバーの多くは、作成したホームページ(ウェブサイト)の上部や下部に、広告が表示されてしまいます。

レンタルサーバーの利用料を取らない代わりに、契約者のホームページに広告を表示させ、その広告収入によってサービスの運営を維持しているわけです。

有料のレンタルサーバーであれば、当然広告は表示されません。

 

独自ドメインが利用できるかどうか

せっかくホームページを作るのであれば、自分だけの独自ドメインを取得し、オリジナルのURLで運営したいところですが、無料レンタルサーバーでは独自ドメインが使えないところが多いです。

独自ドメインを利用したいのであれば、有料のレンタルサーバーを契約しましょう。

格安レンタルサーバーでも有料であればほとんどのサービスで独自ドメインを使えます。

 

サービス終了のリスクの違い

無料で提供されているレンタルサーバーサービスは、個人や小規模の会社が運営していることが多く、サービスが突然停止してしまったりしてホームページ運営を継続できなくなることがあります。

有料であれば、サービス終了ということはごく稀ですし、仮に停止しても独自ドメインでのサイト運営をしていれば他のレンタルサーバーに乗り換えることもできます。

 

安定性・信頼性の違い

無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーでは、やはり安定性や信頼性が格段に違います。

無料の場合はサイトの表示速度が遅かったり、サーバーダウンが頻繁に起こったり、セキュリティの面でも不安があります。

 


 

以上のように、無料レンタルサーバーにはデメリットが多くあります。ただし、サイトを試しにアップロードしたりテストのために利用する、期間限定で一時的にサイトを公開する場合など、無料なので便利に利用できる場面も当然ありますので、上手に使い分けましょう。

 

ホームページを運営したいけど、コストをあまりかけられないという方も、現在では月額100円以下のレンタルサーバーもありますし、独自ドメインも年間1000円程度ですので、月々200円以下の予算でも独自ドメイン+レンタルサーバーでホームページを運営できます。

 

当サイトでも格安レンタルサーバーおすすめのレンタルサーバーをご紹介しておりますので、ご参考になさってください。

 

 

Copyright© 2013 おすすめ レンタルサーバーの選び方 All Rights Reserved.