マルチドメインとサブドメインの違い

マルチドメインとは、一つのレンタルサーバーに複数のドメインを割り当て、複数の別ドメインのホームページを運営できるようにする技術です。

マルチドメインの技術が提供される以前は、ドメインの異なる複数のホームページを運営するには、一つのホームページにつき一つのレンタルサーバーが必要で、コストがかかりました。

現在では多くのレンタルサーバーでマルチドメインの機能を提供しており、一つのレンタルサーバーを借りるだけで別ドメインのホームページを複数作ることが可能になり、コストが抑えられるようになりました。

マルチドメインを利用できる数は、レンタルサーバーのサービスによって異なります。

 

それに対し、サブドメインとは、一つのドメインに文字列を追加して、別のドメインとして利用する方法です。

分かりやすく、Yahoo!のドメインを例に説明します。

 

Yahoo!のトップページのURLは

http://www.yahoo.co.jp/

で、ドメインは

yahoo.co.jp

となります。

 

次に、Yahoo!スポーツのURLは

http://sports.yahoo.co.jp/

で、このURLの

sports.yahoo.co.jp

の部分がサブドメインとなります。

 

あるドメイン(yahoo.co.jp)の前に、ドット(.)で区切って任意の文字列を付けて別のドメインにしたものが、サブドメインになります。

 

サブドメインを作成できる数もレンタルサーバーのサービスやプランによって異なりますが、この方法を使えば一つの独自ドメインを所有しているだけで複数のURLのホームページを作成できます。

 

マルチドメインとサブドメインの違い まとめ

●マルチドメインとは、一つのレンタルサーバーに複数のドメインを割り当て、複数のホームページを作ることができる機能。

 

●サブドメインとは、一つのドメインに任意の文字列を付け加え、別のドメインとしたもの。

 

レンタルサーバーをお探しなら、以下の記事もご参考にご覧ください。

当サイトおすめのレンタルサーバー ⇒ レンタルサーバー総合ランキング

レンタルサーバーの選び方 ⇒ レンタルサーバー 選び方のポイント

 

 

Copyright© 2013 おすすめ レンタルサーバーの選び方 All Rights Reserved.