独自ドメインのメリット・デメリット

ウェブサイトの制作・運営を独自ドメインを取得して行うことのメリットやデメリットをご紹介します。一般的には独自ドメインを取得して運営した方が検索エンジン(YahooやGoogle)に好まれ、最終的には多くのアクセス(訪問者)を獲得することにつながるといわれています。

 

独自ドメインのメリット

独自ドメインでサイト運営する場合のメリットは次のようになります。

<オリジナルのURLを持てる>
独自ドメインは任意の文字列で決めることができますから、空きさえあれば完全に自分の好きなオリジナルドメイン、オリジナルのURLでサイト運営を行えます。

例えば、木星に関するサイトを作ろうと思ったら、「jupiter.com」というドメインを取得し(空いていれば)、

http://jupiter.com/

のようなURLでサイトを運営できます。

これが無料ブログ、例えばseesaaブログを例にとると、

http://jupiter.seesaa.net/

となってしまい、完全にオリジナルなドメインとはなりません。

 
<オリジナルのメールアドレスを持てる>
独自ドメインを取得し、レンタルサーバーに設定すると、そのドメインのメールアドレスを利用できるようになります。

「jupiter.com」というドメインだったら、

mail@jupiter.com
とか
info@jupiter.com

などのオリジナルメールアドレスがいくらでも作成可能です。メールアドレスの作り方や作成できる数についてはお使いのレンタルサーバーにより異なります。

 
<検索エンジン対策に有利>
一般的に、独自ドメインで運営しているサイトは、無料ブログよりも検索エンジンに好まれる傾向にあるようです。いわゆる、SEOに有利というやつです。

ただし、新規に取得したばかりのドメインは検索エンジンに認識・評価されるまでに時間がかかりますので、作ったサイトをすぐに上位表示させたいような場合は無料ブログの方が有利な場合もあります。

 
<サイトが消える心配がない>
無料ブログや、無料のホームページスペースなどは、万が一そのサービスが終了してしまったら今まで苦労して作ってきたサイトも消滅してしまいます。また、レンタルサーバー業者からもらえるサブドメインで運営していた場合も、サーバーを移転しようと思ったらそのURLを手放さなければなりません。

しかし、独自ドメインを取得しレンタルサーバーで運営していれば、サイトが消滅したりURLが変わったりする心配がありません。ドメインは維持費さえ払っていればずっと自分のものですし、もしレンタルサーバーが気に入らなくなったら別のレンタルサーバーにドメインを移せばいいだけです。

 

独自ドメインのデメリット

独自ドメインを使うことのデメリットは以下のようになります。

 
<ドメイン維持費がかかる>
独自ドメインは、利用するのに維持費がかかります。といっても、独自ドメインの維持費は年間1000円程度、月に100円以下ですので、メリットを考えると安すぎるぐらいです。

 
<検索エンジンのインデックス・評価が遅い>
新規取得のドメインは、検索エンジンに認識・評価されるまでに時間がかかると言われています。素早く検索エンジンに認識させたい場合は無料ブログの方が有利です。


 
以上、独自ドメインを取得することのメリットとデメリットを説明してきましたが、本格的に自分のサイトを作成・運営していきたいのであれば、絶対に独自ドメインの取得をおすすめします。

独自ドメインで作ったサイトは愛着もわきますし、結果的に良いサイトになっていくと思います。

独自ドメインの取得は以下の業者がおすすめです。

ムームードメイン

⇒ ドメインの取得方法や設定が丁寧に解説されており、初心者でも安心の業者です。

バリュードメイン
⇒ 細かく、高度な設定ができるので、多くの方に利用されています。初心者には少し難しいかもしれません。

Copyright© 2013 おすすめ レンタルサーバーの選び方 All Rights Reserved.