各社レンタルサーバーの違いについて

レンタルサーバーは、個人用のレンタルサーバーだけでも数多くの業者やサービスがあり、利用料金の設定もさまざまです。

利用できるサーバーのディスク容量が同じでも、料金が全く違う場合もあります。

このようなレンタルサーバーの料金の違いは、レンタルサーバーのスペック(性能)や機能の違いによるものです。

 

例えば、ディスク容量が同じでも、データベースを利用できる数が違ったり、といった機能の違いがあったりします。

 

機能やサーバーの性能が一見同じでも料金が全く違う場合、どのような違いがあるのか悩むところですが、そういった場合はサーバーの転送量の上限であったり、サーバーが国内にあるかどうか、など公開されていない情報が関係している場合もありますので注意が必要です。

 

無難にレンタルサーバーを選びたい場合は、上記のような情報をしっかりと明示している、有名なレンタルサーバーを選択することをおすすめします。

 

高機能や高性能を謳っていても、上記のような情報を明示していない粗悪なサービスも存在しますので、利用者が多く、信頼度が高く、情報をしっかり明示しているレンタルサーバーを選ぶのが失敗しないコツです。

 

まとめると、各社のレンタルサーバーの違いや料金の差は、


・機能やディスク容量の違い
・国内サーバーかどうかや転送量など性能の違い

などが関係している。

 


・レンタルサーバーの性能を明示せずに安価な料金で提供する粗悪なサービスもあるので、注意が必要
・レンタルサーバーを選ぶコツは、有名で利用者が多く信頼されているサービスを選ぶ

 

レンタルサーバーの選び方については、以下の記事にまとめてありますので、ご参考になさってください。
レンタルサーバー 選び方のポイント

 

 

Copyright© 2013 おすすめ レンタルサーバーの選び方 All Rights Reserved.